着物初心者のあなたに素敵な着物ライフを届けます

着物や帯を騙されないで安く購入する方法!かーくんブログ

牛首紬袋帯(白地)が相場より安い!白大島紬におすすめ!30代おしゃれ訪問着に

 
この記事を書いている人 - WRITER -


牛首紬袋帯が安い!

私は元呉服の営業マンです。

デパートの呉服売り場に毎日のように出入りしていました。

このブログでは私が楽天市場で見つけた掘り出し物を

紹介しています。

デパートの呉服売り場の値段相場の半額以下のものもあるので

ぜひ参考にしてくださいね!

今回は牛首紬の袋帯です。

 

牛首紬は結城紬、大島紬とともに日本三大紬と言われます。

釘をぬいても破れないほど非常に丈夫なことから

「釘抜き紬」きとも言われます。

ショップ引用

夏 牛首紬 手挽き糸 白山工房

涌唐花文様 袋帯のご紹介です!

((石川県 牛首紬 生産振興協同組合 認定織物))

牛首紬というと、結城紬・大島紬・と並ぶ三大紬の一つですが

その中でも一番生産量が低く、一反織り上げるのに

何ヶ月もかかる程

手間が一番かかる紬帯が牛首紬であり

生産数が少なく、特に(夏牛首)は少ない中

今年の織上がりの中から いい柄だけをチョイス♪

夏に映えるハッキリとした色を使用しながら

そこに白場(柄の入っていない帯地部分)

を処どころから覗かせることで 夏の暑苦しさを感じさせない

清涼を表現!!!の2つが入っていることで

夏帯としてステキに魅せているのですよね♪

帯に使用されている糸は 二匹以上の蚕から

手作業により取り出された(玉繭)糸を

題名にもあるように ”手挽き糸”にて

繭から時間をかけゆっくると採取された糸は触ると

サラッとした帯地の質感は 同じサラッとした

質感の大島紬や牛首紬同士で合わせると

質感が同じですので コーデのまとまりは 特に良いです!

また!帯地は画像では伝わりにくいですが

触り心地がよく♪ “ひんやり~”っとした質感は

夏の帯として 快適に締められ、なによりも!袋帯なのに

軽い!!!だから暑い日でも 締めやすい帯となるのです♪

帯地は“夏牛首” の生地ではあるので 袷の牛首の生地よりも

薄く仕上がっておりますが、、これは 業者がみて分かることで

大きな透け感もない帯地は ハッキリ言いまして、、

一般の人が見て夏の帯地とは分かりませんので、、、

「しら~んぷり♪」  しておけば

単衣/夏 以外の季節でも 夏帯と分からずお締め頂けます!!

っということは・・・一年を通してお締め頂けるのですよね♪

これは間違いなく!お得でしょ~♪

(牛首紬とは・・・)

加賀の国・白峰村一帯の集落は、古くから自然の玉繭を

原料に手機紬が織られてまいりました。

耐久性に優れた牛首紬は、釘にかけても破れないほど丈夫と

言い伝えられており、別名 「釘抜紬」 とも呼ばれます。

最後に

帯専門店おびやさんは

鋳物初心者でも安心して購入できるように

①見て安心

②話して安心

③購入して安心

④やっぱり安心

の4つの安心を掲げています。

詳しく説明しますね

①は購入する前に実際に手元で色や風合いを確認できます。

②は電話で丁寧に説明してもらえます。

③は1週間以内なら返品OKです。

④は雑誌の掲載柄が欲しいなど無理なお願いにも対応してくれます。

高額品なので安心できるショップで購入したいですよね!

袋帯なのでおしゃれ訪問着とドレッシーなコーディネートするとパーティーシーンで活躍しますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です