訪問着の選び方!千總着物におすすめ服部織物ゴールド引き箔袋帯!


私は元呉服の営業マンです。

当時は百貨店の呉服売り場に毎日のように出入りしていました。

着物や帯って高いですよね!

着物や帯の値段は買う場所やタイミング、あなたの知識の度合いによって全然変わります。

呉服は高額品なのであなたが知ってるのと知らないのでは何十万円も損する場合もありますよ!

このブログは着物初心者のあなたや普段着物に縁がない方のためのブログです。

あなたが振袖や留袖、訪問着などを購入する時に絶対役立つのでぜひ読んでください!

目次

着物の値段が高い理由

着物の値段ってわかりにくいですよね!

①大量生産できない

呉服業界は小規模メーカーが多く製品の特性上大量生産できません。

着物や帯は洋服と違って需用が少ないのでたくさん売れません。

一点あたりのコストが高いんです。

②消費者に直接販売しない

展示会や直接訪問してまとまった数量を問屋や小売店に販売するのがほとんどです。

問屋や小売店の利益や経費も着物の値段に乗っかるので一気に値段が釣り上がります。

③仕入た着物や帯がすべて売れない!

着物や帯は高額品なので在庫のリスクが高いんです。

一例として

都心の百貨店で1週間振袖セールを開催するには100枚くらいは最低でも必要です。

その期間に売れる振袖の枚数は7~8枚です。

それだけの品揃えが必要なんです。

あなたが振袖展に出かけて何十万円もする振袖を10枚くらいから選べないですよね!

たくさんのなかから選びたいはずです。

在庫リスクもプラスして着物の値段は決まります。

さらに実際の店舗では販売員さんが必要です。

楽天市場のようなネットショップの着物の値段が安いのは販売員さんなど人件費が安いからです。

ネットショップは商品ページを作ってしまえば販売員さんは必要ありません。

百貨店などは繁忙期には増員するのでさらに人件費が高くなります。

販売する店によって条件が変わるので同じ着物や帯でも値段の高い安いの違いが出るんです。

悪質な店に騙されるととんでもなく損をしてしまいます。

訪問着の選びかた!

訪問着はミス、ミセスを問いません。

お宮参りや入園、入学式、卒業式、披露宴など各種パーティになど幅広く着用できるフォーマル着物です。

帯を年齢に合わせてコーディネートすれば永く着用できます。

昔は季節によって柄を意識する必要もありましたが年中着用できる柄付けがほとんどです。

秋には着ない色とされていたブルーも今では差し色として秋でも人気の色です。

難しく考える必要はありません。

おすすめ記事

きもの初心者が騙されない方法!悪質な呉服店4つの勧誘方法!

訪問着と袋帯の値段の相場と見分け方!選ぶ方法!中古は!

着物初心者のための帯の知識!染め帯!おすすめ激安塩瀬帯!

服部織物とは

創業200年以上も続く老舗で高級ラインの手織りの逸品はとくに

高い評価を得る織元です。

フォーマル品はすっきりとした配色で現代の空間に映えるもの

日本の古典的な文様をはじめ諸外国のエキゾチックな雰囲気を巧みに取り入れたものなど

長い歴史のなかで培ってきた高い技術に文様の美しさが加わった意匠が光ります。

服部織物おすすめ袋帯

服部織物の中でもハイクラスのこはく錦シリーズの本金箔使用引き箔袋帯です。

千總などのハイクラスな留袖・色留袖・訪問着とのコーディネートがおすすめです。

引き箔とは

華やかな錦織の帯に欠かせないのが金糸銀、糸、箔です。

金糸銀糸は箔を芯になる糸に巻き付けて撚りをかけた糸のことです。

箔は薄く伸ばした金箔や銀箔を帯幅に合わせた薄い和紙に漆を塗って張り付け、

それを一ミリ以下の幅に細く裁断したものです。

この箔を織り込む技術を「引き箔」と呼んでいます。

極細の箔は西陣織や唐織などを織るときに緯糸のようにして織り込みます。

地織に箔を織り込むことで金ぴかにならずに落ち着いた金や銀の美しさが生まれます。

最近は薄いフィルムに本金箔を直接コーティングしたものを糸状にカットして、

色糸と共に緯糸に持ちいる方法もあります。

 

スポンサーリンク
kazusannをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました