着物初心者のあなたに素敵な着物ライフを届けます

着物や帯を騙されないで安く購入する方法!かーくんブログ

百貨店で着物を安く購入する方法!プロが教える値引きテク!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

百貨店でも値引きしないと損ですよ!

 

着物に不慣れなあなたは百貨店では値引きできないと思ってませんか?

おおっぴらには言えませんが呉服に関して言えば値引きできます。

私は呉服問屋の営業マンとして百貨店でセールス活動していました。

着物や帯は高額なので少しの値引きで購入してもらえるなら最後のひと押しとして値引きを持ちかけたりします。

百貨店のハウスカードを持っていればさらにカード割引があるのでさらにお得です。

値段だけなら楽天市場で購入するほうが安いです。

でも高額なきものや帯はステータスと安心のある百貨店で購入したいはもっともです。

そんなあるあなたのために

今回は百貨店で着物や帯を 少しでも安く購入できる方法を教えます。

百貨店で安く購入するには

通常は他の買い物と同じで、ポイントカードやハウスカードに入会するのがオススメです!

百貨店のハウスカードやポイントカードは一般的にお買い物額の累計金額によって割引額が決まります。

翌年から5%から10%の優待割引がうけられるものや買い物金額に応じたポイントが付くものがあります。(カード入会時に確認してください)

百貨店によってはポイント3倍、5倍などの企画もあるのでスケジュールを把握しておくと良いでしょう。

 

着物や帯は高額なので百貨店のハウスカードやポイントカードに入会してから購入することをおすすめします。

(着物を買ったポイントで和装小物が買えます。)

通常、百貨店は主にプロパー品を販売する売り場とセール品を販売する催事場に別れています。

プロパー品はクリアランスセールや定期的にある優待セールでしか割引で購入出来ません。

セール品などはカード割引はせいぜい3%引きくらいです。

ここまでは普通です。

百貨店で安く購入する裏技!

呉服業界は百貨店の中にあって今も古い体質です。

高額商品を扱うために値引き体質が今でも存在してるんです。

洋服では値札は絶対です。

でも

着物や帯に限れば言えば値札の価格が絶対ではないんです。

外商顧客は値引きしてもらって購入するのが当然になってます。

でも外商顧客ではない一般のお客さんが値引きしてもらう方法を教えますね!

百貨店には問屋やメーカーの営業がいつも出入りしています。

営業なので毎日の販売目標があります。

特に呉服セールの時はたくさん販促費を使ってるので売上予算も大きんです。

和装小物と比べて着物や帯を目的にに来る方は少ないんです。

特に購入意欲のある方には

多少の値引きをしてでも販売することを優先してしまうのです。

※百貨店の社員の方に言ってはだめですよ!

立場上OKしてくれません。(他の売り場の手前無理です)

※和装小物などは単価が安いので一般的には値引きはしてくれません

値引き交渉のテクニック!

催し会場などの大きな呉服催事では営業が頻繁に催事場に顔をだします。

スーツを着た男性です。(男性の方が柔軟です)

あなたはメーカーの方ですか?

と問いかけてください。

そうです

あなたに購入の意思があるならだめもとで値引き交渉してみてください。

その着物や帯の値段にもよりますが家族でホテルのランチ代くらいは値引きしてくれる可能性はあるでしょう。

高額になればなるほど交渉する価値はあります。

※百貨店でも関西のΟ急百貨店や東京のΟ勢丹は値引きがに対して厳しいです。

マル○や○島屋などは呉服が創業の百貨店なので柔軟です。

関東の方は値引きに抵抗があると思いますが何万円も得するかもしれません。

呉服の商売はお客様との値段の駆け引きを楽しむようなところもあります。

しつこいのはダメですが

何十万円もする着物や帯なら購入金額の10%くらいの値引き交渉はぜひチャレンジしてみてください!

ハウスカードに入会していればさらにポイントまで付きます。

10万円以下の着物や帯であれば

あと5千円とか1万円だけ安くして

とか言うのが効果的です。

百貨店の着物や帯の値段は高い?

 

呉服店や着物チェーン店で着物や帯を50%オフ!70%オフ!の話があります。

それは元々の値段が高すぎるか、大きく割引してでも販売したい古い商品だと思います!

※呉服には定価がないので呉服屋さんや着物チェーンの元値は信用しないでください!

百貨店の着物や帯の値段が一般的です。

きものや帯は値札の価格で購入すると損です!

ぜひ値引き交渉してみてください!

おすすめ博多帯

これからの季節夏きものや高級浴衣にぴったりの博多織紗献上帯です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です