着物初心者のあなたに素敵な着物ライフを届けます

着物や帯を騙されないで安く購入する方法!かーくんブログ

藤井寛黒地振袖と川島織物帯セットが期間限定安い!購入時期は

 
この記事を書いている人 - WRITER -
元呉服の営業マンです。 高額な着物や帯が安く買えるように 掘り出し物を紹介しています。

私は元呉服の営業マンです。

当時は百貨店の呉服売り場に毎日のように出入りしていました。

このブログではその経験を生かして

私が楽天市場で見つけた掘り出し物を紹介しています。

あなたの振袖選びのお役に立てれば幸いです。

振袖購入する場所は?

百貨店などの小売店で着物を購入すると値段は高いです。

その理由は宣伝費や人件費、ロイヤリティなどいろんなお金が着物の値段にプラスされるからです。

それに比べて楽天市場は百貨店に比べると必要なロイヤリティや人件費がかなり安いんです。

当然値段も安くなるんです。

振袖レンタルは値段も安いですし手間もかかりません。

モダン柄の振袖ならレンタル料金も安いですしおすすめです。

でも

古典柄の振袖は成人式になるとレンタル料金もぐっと上がるので購入をすすめます。

古典柄の振袖は親族や友人の結婚式や卒業式、お見合いなど着用する機会は何回もあります。

楽天市場の値段なら2回着用すれば振袖レンタルよりお得ですよ!

古典柄の振袖は流行に左右されないので親から子へ受け継ぐこともできますよ!

成人式の写真も古典柄の振袖のほうが映えるのは間違いないです。

おすすめ振袖

今回紹介するのは京友禅を代表する皇室献上作家【藤井寛】の黒地振袖と

百貨店では特撰ブランドとしてとり扱われる川島織物の振袖帯との豪華コーディネートセットです。

ショップ説明

<着物>
華やぎあるなかにも豊かな奥深さと味わいが感じられ、
絹織物ならではのえもいわれぬ光沢に、少しの所作や光の加減で、
紗綾型に花をあしらった細やかな地紋が浮かび上がります。

シルクの質感に体中が酔いしれる…
そのような感覚にまでさせてくれる、すべらかな肌触り。

華やぎを感じさせる灰色を基調とした絹地に描かれた古典文様。
穏やかな彩りの大きな雲取・ヱ霞、そこに桜楓模様を表現しました。

深いお色が重なり合い、古典風雅なおももちを高めて…
全体にやわらかな彩りのなかに浮かぶ、多様な草花とのコントラストが際立つ大作です。

『重なる』ということが含む吉祥のいわれを感じつつ、
ふわりふわり、花意匠がそっと心に響きます。

麗しく…
またその色彩美には、きっと誰もが心奪われてしまうことでしょう。

金駒刺繍も大変丁寧な仕上がり。
輪郭を緻密に染上げる金糊のあしらいは寸分の狂いもなく…

最高の意匠センス、藤井氏の芸術的な染め上げ、極上の生地。
全てにおいて、どのような場所に出ても見劣りしないすばらしい風格。
普遍性。
まさにこれこそが、一貫して感じられる最高の魅力。
数々の作品を皇室へと献上している藤井氏ならではの、
悠久古典美の世界が広がる一枚です。

<帯>
金糸が織り込まれ高雅な輝きを放つ橙色の帯地。
お柄には、地色の映える金糸を基調として
まるで絵画のような七宝の意匠が一面に織りなされました。
何とも言えない存在感、重厚感のある仕上がりです。

訪問着、お振袖などに合わせて。
その吉祥性を身にまとってくださいませ。

高級ブランドの逸品袋帯の特選柄!
この機会をぜひお見逃しなく、末長くご愛用いただければ幸いでございます。

百貨店の呉服セールなら振袖だけで100万円の値段が付いています。

川島織物の振袖帯も30万円以上ですよ!

実質80万円も安く購入できるチャンスです。

しかも1月20日までなら仕立て代金もサービスなんです。

百貨店なら仕立て代金だけでも75000円くらいは必要です。

あなたが振袖購入を検討しておるなら1月がおすすめです。

1月は百貨店でも大きな呉服セールが開催され振袖を購入する方がが多いので

目玉品が多く出品されます。

呉服業界も1月は大きな商戦なので楽天市場に出店しているショップも

多く目玉品が多く出品されます。

あなたが振袖購入を決めているなら迷わず1月に購入するべきです。

他にもたくさん目玉品の振袖が出品されているのでショップを訪れてみてください。
“サービス20日まで!”【お誂え込み50万均一】【皇室献上作家 藤井寛】最高傑作京友禅お振袖名門【川島織物】特選西陣織本袋帯

帯締め帯揚げのコーディネートの基本!

あなたの振袖選びの参考になれば幸いです。

帯揚げは総絞りのものが一般的で、振袖や帯の柄の一色を使うのがオーソドックスな方法です。

重ね衿の色と同系色であわせればモダンになります。

また反対色であわせれば華やかになります。

帯締めは太めのものを使います。

色は重ね衿か帯揚げのどちらかの色に合わせるとまとまりやすいです。

平らに組まれた平組みと丸く組まれた丸組みがあり、飾り結びには丸組みを使います。

平組みは古典柄によく使われます。

この基本を知っておいてください。

振袖選びの参考になる記事です

プロが教える!成人式の振袖は購入かレンタルどっちが得?

成人式の振袖購入方法!プロが教える知らないと損する3点!

振袖コーディネートの基本!振袖小物・振袖帯!プロが教えます!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
元呉服の営業マンです。 高額な着物や帯が安く買えるように 掘り出し物を紹介しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA